ほくろ治療で迷ったら【美容整形外科で相談してみよう】

ほくろ治療で迷ったら【美容整形外科で相談してみよう】

治療は美容のプロに頼もう

カウンセリング

文字通り悩みの原因を消す

他人はそれほど気にしていなくても、コンプレックスは本人にとって耐え難い大きな悩みです。例えば気になるほくろが顔にある場合も例外ではなく、そのことが心情的に苦痛となるケースも少なくありません。ですが美容整形外科では、ほくろの除去施術も行われていますので、精神的な苦痛を取り除くために利用される場合も多くなっています。コンプレックスが消えれば自ずと気分も晴れやかになり、自分に対する自信が取り戻せるのです。人前でも堂々と振舞えるようになれますから、性格も自然とポジティブに変化していきます。ですから顔などにほくろがあり、それが頑なに惜しまれるなら、美容整形外科を利用するのがおすすめです。また、場合によってはメイクでも隠せるため、コンシーラーやファンデーションの重ね塗りなどで対処されているケースもあるかもしれません。しかし、そのメイクは総じて手間が掛かりますから、毎日続けるのは決して楽なことではないでしょう。しかも、強力な化粧品を使えばクレンジング剤もそれなりの物を使うことになり、連日使用では皮膚を傷めて敏感肌になるリスクも軽視できません。ところが、美容整形外科でほくろを取り、軽いメイクで済むようになれば、あえて強いクレンジング剤を使う必要もないため、健康なお肌の維持にも役立つのです。美容治療はその様な目的でも活用できますので、ほくろ隠しにフィルムなども手放せない場合は尚のこと、治療を検討してみると良いでしょう。もちろん、メイクの時間が短縮できれば忙しい朝にも余裕が生れますから、その意味でも除去治療を受ける価値があります。小さなほくろはレーザーで治療するのがスタンダードになっており、気軽に受けられるのが大きなメリットです。炭酸ガスレーザーで蒸発させますから、悩みの原因が、文字通り綺麗に消えてなくなります。さらに、この治療は切開せずに良いので縫合や抜糸の必要がなく、目立った傷跡を残さないのも魅力です。美容整形外科では麻酔も大抵事前に行ってくれますから、痛みなどを心配する必要もありません。細かなほくろが沢山できている場合でもピッタリな治療ですので、まずは美容整形外科で相談してみましょう。そして、大きなほくろならレーザーで治すより、メスを使って除去した方が、傷跡も目立たず綺麗に治せます。ほくろのサイズが大きい場合、レーザーで削れば治療面積も必然的に大きくなりますが、切り取った後に縫い合わせれば、線として閉じられるのがメリットです。そのうえ美容整形外科は美容のプロフェッショナルですから、その縫い線もシワへ沿わして縫ってくれるなど、できるだけ目立たないよう、考えて仕上げてくれます。また、自分の治療にはレーザーと切開法のどちらが良いか分からない場合でも、カウンセリングを受ければ最適な方法を提案してくれるので安心です。カウンセリングの時は仕上がりの希望などをドクターに話しておくのが良く、そのことで要望を反映した施術や仕上がりデザインを考案してくれます。そこで美容整形外科を選ぶ時は長年の実績を持ち、カウンセリングもしっかり行ってくれるクリニックを選びますと、魅力的なほくろ治療が期待できる訳です。

男性医師

プチ整形でもっと美しく

もしも、どの整形クリニックで施術を受ければよいのだろうと迷っているのであれば、実際に整形したことがある人に聞いたり、ドクターを紹介してもらうことをお勧めします。ほくろ除去の整形は手軽ですが、それでも信頼できるドクターを見つけておきましょう。

顔に触れる女性

コンプレックス除去の方法

ほくろは、形や大きさによってはコンプレックスとなってしまうことがあります。そのような場合、皮膚科や美容整形外科にて除去手術を行いましょう。ほくろの形状によって適切な手術方法は異なりますので、しっかりと精密検査を行うことが重要です。

看護師

色々な種類がある

ほくろの除去術を行う場合には、治療をするほくろがどのような種類のものであるかを知っておくと治療にかかる時間などを予測することができます。実際に施術を受ける時には予約をして診察を受ければ、すぐに施術が受けれます。